お年寄りの睡眠不足は仕方がないと言われていますが、そんな事はありません。高齢になるとホルモンの分泌などの関係で、体内時計が変化してしまい朝早く目が覚めたり、夜中にトイレに何度も起きる事で、眠りが浅くなってしまったりします。それは年を取る事で起きるので、仕方のない事なのですが、だからと言って睡眠不足になっているのに仕方がない事はないのです。

何か早めに改善しないと、不眠症になってしまう事もあります。いろいろ改善出来る方法はあるでしょうが、枕や布団を変えてみるのも手段の一つです。昔から畳に布団が良いと言っていた方が、ベッドに変えて良く眠れるようになったと言われる事もあります。また体を動かす事が減った事が不眠の原因になったりしますので、1日家に籠っている人なら、少し散歩や、何か趣味を見つけて外に出かけるようにする事で改善出来た方もいますよ。

関連ページ