義母の生前整理というパワーワードについて

義母の生前整理を手助けすることになった。

そう言った一言をツイッターで見掛けました。

実の親子や夫婦間でも本人と本人以外では考え方に大きな違いがあることは珍しくありませんから、義理の母の生前整理の場合はそれはもっと難しいです。

高度経済成長期またはバブル期を生きてきた人々のなかには、20~30代の世代からずっと執着というようにも感じるくらいに物にこだわりを持っている人もいらっしゃいます。

そんな人に、手放す、破棄するという言葉を用いても拒否反応が増すのみです。

失敗談の多くはこのような考え方の違いがあるようです。

相手の物を大切に考える立場になって、一番大切な物はどれでしょうか?といった感じに、より大事なものを選択するという視点からスタートすると良いかもしれませんね。

生前整理のお値段もしくは価格帯について気になっている方がおおい様です。

生前整理のタイプによっても変わるのでマーケット価格というかざっくりした考え方になるのですが、分かりやすく言うと、施設への入居にあたって一軒家一気に始末したいというような方に関しては、十数万円から数十万円に及ぶことすらあるそうです。

しかしながら、高級な衣服や貴金属など買い取ってもらえるような品を片づける状況であるならば、無料にて価値を判断してもらえます。

一括ですべてを行ってしまうと高くなるので、買い取ってもらそうな品を売ったり、捨てる場合でもちょっとずつ公のサービスを利用する事で、ビックリするほどコストを削減できます。

生前整理で最も大きな障害は、切り捨てる事です。

処分すると絶対に帰ってきませんから、とても迷ってしまいます。

買い取りしてもらえるような部分はむしろ潔く片付けられることも考えられますが、売り値がつかない品で引き取り手すら発見できないようなものは、むしろ困難だというケースもあるそうです。

処分するとしても、物自身と思い出の2点を持っているのでご家庭のどなたであろうと捨てられないという場合には、お茶でも入れて思い出話を聞いてみるのもいいかもしれません。

生前整理とニュアンスの近いフレーズに福祉整理といったものがありますのを認識されているでしょうか?これは、言い換えればごみ屋敷問題にも関連し合ってきます。

但し、こういう面倒なことというのは実際はTVで見聞きする様ななんともいざこざを抱えているように見える人などに限定されることはありません。

老化していく認知能力であったり人間関係の希薄化だったり伴侶との死別などにおいて、少しずつ身の回りのことができなくなっていく積み重ねだったりします。

そこで、生活に必要なものを中心に不要な物を整理して、不要なものが貯まらないように再構築するのが福祉整理というわけです。

残された遺族の苦労や相続トラブルを減らすことや、突発的な死などなど予想と異なる状況のために備えるというような内容で、生前整理の必要性が話される事がたくさん見られますが、身の回りの片付けにおいて心底自身が大切にしていることを振り返ってみたり、これからの生き方に向き合ったりすることができるという、生きる意味の確立に効果的であるというのも一番の重要な点です。

会社を引退することにより社会の中での貢献度が落ちたと思いこんでしまうとなると、自身のメンテが手抜きになってしまうという部類のトラブルも見受けられるのですが、こちらに対しても肯定的なきっかけとなることもあるようです。

生前整理のガイドブックってちょっと前普及しましたね。

アドヴァイザーと言われる人までも幾人か出現したりしています。

amazonなどで実際この課題に遭遇している方たちの生生しい口コミがセットされているので参考にして読みたいと思ったものを取り寄せるのもいいでしょう。

書物のタイプについては、始末の方法を集めた解説書と、捨て切れないという精神的な問題を扱った類の2通りがあります。

作成者も複数の方がいらっしゃいますので見比べてみることも望ましいと思いますね。

人形供養の葬送堂(@sousoudoo)

生前整理の方法とその進め方ですが、エンディングノートで内容を調えること、買取サポートや片付け専門ショップを介して品物を片づける事を、気が向いた時にはじめるのが最も良い方法です。

ネットでいろんな方法が紹介されていますが、急を要しないのなら、本人達がやってみたい時にやりたい事から実行してみましょう。

万が一にも家族の協力をするといった状況であれば、専門業者またはサービスの噂を伝えるのみに留めて決断はご当人様にお任せしたほうがいいでしょう。

大切な人との思い出のほうを大切にしたり再確認するというのがおすすめです。

こちらのサイトでは、何かしらのきっかけとなって決断し生前整理を行なおうとしていらっしゃる方のために情報提示を行っています。

これから先はじめる方のために自分自身が第一に推奨している事は、可能なことをちょっとだけトライするということです。

この理由は、頑張りすぎないで下さいねといった意味の他、今日まで気にすることなく溜まってきた品を自発的に見直して、必要であるか必要ないかを見極めるというのは大いに手に余る事だからだと言えます。

更に、買い入れた時にいかなる事例が存在したのだろうか、とでもいうべき周囲にも意識を寄せてみると、高確率でおこなって良かったなという気分になれますよ。

エンディングノートは、大会社の文具製造元がセールスをはじめているように、一般的な言葉になってきました。

相続、資産(預金・貯金あるいは不動産等々)においての情報、銀行口座や証券口座、保険やクレジットカード、生活のための支払いの情報、身内が概ね認識していないような大事な知り合い・友達の電話番号、医療や介護に葬儀はたまたお墓などを含んだ要望など、生前整理の一環と判断してまとめておきます。

近頃モノばかりにかぎらずPCのデータ等の情報も組み込まれるように変わっていて、これらをまとめておくというのは、他界する為に必要な備えというよりも生きるため家計の品質をアップすることにもなりますので、20代から考える人も増えているほどです。

正式な遺言書は死後まで開封できないため、エンディングノートはそういう部分でも高い評価を得ています。

認知症によって施設に入居するために生前整理を行うというケースは珍しくありません。

その際は、品物の買い取りなどの前に掃除や片付けという実際的な問題に突き当たる確率が高いです。

認知能力のダウンと共に、対処できなくなったりすることがあるものです。

特に、支援を本人が拒むという状態になっている場合、ゴミ屋敷トラブルや汚部屋トラブルに繋がってしまっていることも。

覚えておいて頂きたいのは、このような内容のトラブルは福祉の側でも認知されているということです。

というわけで、どうしようもないことが見つかればさっそく相談してみてください。

クロネコヤマトにおいて生前整理プランといったサービスが存在するということをご存知でしたか?物を持ち出して荷物収納庫スペースを整理した後、必要不可欠なものと要らないもの後に回すものに選り分けて、それ以後、荷物や家庭用電器製品といった大きな物を移動させます。

その上で必要なものを収納スペースに配置して、不要なものはリユース、供養、配送、ゴミと決めてさらに分けて頂けます。

買取りサービスも存在するのがメリットで、クチコミで人気が拡大中だそうです。