教育ローン審査甘いって本当?生活保護でも借りれる?

教育ローンの申し込み方法について説明します。

申し込み方法は郵便やインターネット申し込みなどがあります。

郵送の場合は先に電話などで申込書を請求してください。

その後書類がお手元に届いたら必要事項を記入し、返送することになります。

インターネットで申し込む場合は事前診断コーナーがありますのでまずは事前診断を行ってみて借り入れ可能か診断してみましょう。

仮審査を申請するのもネット上で行うことができますし24時間いつでも受付けているところも非常に便利です。

仮審査を申し込む手続きが終わりましたら受付けしましたというメールが届くはずですので必ず確認してください。

学生本人が教育ローンを借りることは基本的にはできないと思われます。

学費目的とはいえ、お金を借りることになりますので借主は借金契約ができる人間でなければいけません。

そのために融資を受ける人物が成人であることや安定かつ継続した収入があることが不可欠となります。

その上、今働いている職場を辞める予定がないことや家賃、光熱費など生活費すべてを自分の収入でしっかり支払えているかということも重要になります。

そのため、国の教育ローンよりも銀行などで扱っている教育ローンのほうが審査が通る可能性は高いと思います。

教育ローンの受け取り方として一括で借り入れられる一括借入れ型があります。

住宅ローンのように一括で受け取るタイプの融資です。

銀行が提供している教育ローンの場合この一括借り入れ型を採用しています。

一括借入れ型の特徴はローン契約成立と同時に返済金額が決定する事です。

返済計画を立てやすくなりますが予定以上に学費や生活費にお金がかかってしまった場合、新たにローンを組まなければなりません。

教育ローンについてご紹介します。

教育ローンとは用途を教育関係の費用に限定したローンです。

受験を控えた学生の親御さんなどが学費や入学金などの支払いのために申請することが多いようです。

専門学校や大学・短大の学費、私立の学校であっても利用対象となります。

教育ローンの融資を行っている金融機関は大手銀行をはじめ、地方銀行やノンバンクになります。

気を付けなければいけない点として金融機関によっては、保育園児は教育ローンが不適用となる場合がある事です。

教育ローンという学生のためのローンを提供している金融機関は銀行や信販会社などたくさんあります。

その中でおすすめは教育一般貸付いわゆる国の教育ローンです。

最高融資額が350万円と少なめですが、年利は1.76%で固定金利となっています。

大学や高校のみならず専門学校や短大、各種学校などにも幅広く対応しています。

利用目的も入学金や授業料ばかりでなく定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

教育ローンと奨学金はどう違うか知っていますか?教育ローンと奨学金は教育のために借りるお金と言う点では共通しているのですがそれぞれ中身は異なります。

教育ローンは保護者が借主となりますが奨学金は学生本人が借主となります。

借り方についても違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は毎月振り込まれます。

利息についても違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのに対し、奨学金は在学中には利息がつきません。

返済開始の時期についてですが、教育ローンは借りた翌月から始まるのですが、奨学金は卒業後になります。

埼玉りそなの教育ローンは「りそな教育ローン」という名前です。

りそな教育ローン変動金利方式を採用していますので、1年に2度、4月1日と10月1日に金利が見直されます。

りそな教育ローン(証書貸付タイプ)の現在の店頭表示金利は2.20%ですが埼玉りそな銀行で住宅ローンを利用している人ならば。

住宅ローンご利用者プラン1.80%が適用されます。

最低10万から最大500万円まで借り入れることができ返済期間は最長14年ですが、医・歯・薬・獣医学部の就学費用に関しましては最長20年までOKです。

在学中は利息分のみの返済で支払い負担を少なくすることもできますし、納付金を支払った後でも、3ヶ月以内なら借入れできるなどのメリットもあります。

アルバイトでも収入があれば教育ローンを借りることは可能です。

ただし、融資を受けるには条件があり20歳以上の成人でないと借りることができません。

また、融資を受けるには安定した収入が必要となっているところが多いので勤続年数は長いに越したことはありません。

返済能力も重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入が必要になります。

いずれにせよ、借主が学生本人というのはレアケースなので奨学金のほうが可能性が高いと言えます。

教育ローンを比較するならランキングサイトがオススメです。

参考:教育ローン審査甘い?低金利でおすすめの銀行一覧【審査基準】

銀行やノンバンクを回ったり電話で資料請求する必要もありません。

金利や借入可能額など知りたい情報は一覧表になっていますので、容易に比較可能です。

ランキングサイトには、来店の有無やローンのお勧めポイントが掲載されているサイトもあります。

わざわざ検索しなくても、銀行のHPへ飛べるようにリンクが貼られていることが多いので手間が掛かりません。

教育ローンの金利を説明します。

教育ローンの金利は借入する金融機関によって大幅に差があります。

金利が低い融資期間だと1%台からありますが高金利の金融機関では10%近いものもあります。

銀行の教育ローンでしたら口座やカードを作ることで優遇金利を受けられる場合があります。

金利の計算方法は2つの方法があって変動金利と固定金利の2つの金利タイプがあります。

現在は低金利の時代なので固定金利の方がリスクが少ないでしょう。

カードローン型と呼ばれる教育ローンをご存知ですか?通常のカードローンと同じように個人に与えられた限度額の範囲内なら自分の好きなときに借り入れや返済ができるローンになります。

通常のカードローンとどこが違うのかというと教育資金以外に使えないことです。

消費者金融やノンバンクに多い商品となりますが一部の銀行でもカードローン型を提供しています。

学費がわかりやすい初年度は一括借入れ型でかかる費用が読めない2年目以降にカードローン型を利用できるといった金融機関もあります。

低い金利として有名な教育ローンと言えば教育一般貸付という国営のローンがあります。

1.76%という低い金利が特徴的で銀行や信販会社のローンよりもお得です。

一般的に銀行で3から5%、信販系は5から10%という金利が多いので国のローンがどれだけ低金利なのかがわかりますね。

学費以外に受験時の交通費や宿泊費、パソコン購入費など教育資金であれば使途の範囲はかなり広く認められています。

ただし、国の教育ローンは低所得者の方のためのローンですので融資の対象となるのは高校や大学を目指す中学校卒業以上の子供になります。

国が融資してくれる教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンはJFC日本政策金融公庫が管轄しています。

教育一般貸付という名称で、最高350万円まで借り入れることができます。

金利は年1.76%という低金利となっており固定金利なので利子の心配はあまりありません。

所得や子供の数によって融資を受けられる所得の上限額が変わってきます。

資金の用途は民間の融資機関よりも幅広く受験時の交通費や宿泊費なども認められています。

教育ローンもローン契約に違いありませんので、融資を受けるには審査を通過する必要があります。

審査を受けるためにはいくつか用意するものがあり、本契約までに全て用意しておかねばなりません。

ネット申込みの場合、借入申込書は不要ですが源泉徴収票や確定申告書などの収入を証明する書類は必須です。

運転免許書やパスポートなど本人が確認できる書類や住宅ローン(家賃)などの支払いが確認できる通帳のコピーも必要となります。

何より一番肝心な書類は在学を証明できる書類であったり、合格が確認できる通知、入学許可書ということになります。

教育ローンの返済方法について解説します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から開始となります。

利息に関しては、借りた日の翌日から発生するのですが、在学中は利息分の支払だけでOKというローンもあります。

返済期間についても医療系の就学費用などで最長20年というものがあります。

しかし、返済期間が長引けば長引くほど返済金額は増加していきますので注意が必要です。

教育ローンと言ってもいわゆる借金ということですので返済シミュレーションで事前に返済状況を確認することをお勧めします。