夜行バスの評判を調べてみた!

旅行での移動は乗り物酔いしやすい人にとって気が重い部分でもあります。

楽しみな旅行ですから自分も周りもできる限り快適に過ごしたいですよね。

特にほかの乗客もたくさん乗っている長距離バスでの移動は気分が悪くなったときに対処しにくいので困りますよね。

思い切り楽しめるよう車酔いしないためのコツを調べてみました。

第一に前準備としては食事をするならあっさり系のものを腹8分目程度に、乗り物酔いの薬も効果的です。

服は締め付け感の少ない心地よいワンピースなどが楽ちんです。

乗車中におすすめの飲み物は炭酸水。

景色を見る場合はできるだけ遠くを眺めましょう。

気の合う人たちとの旅行に思いを馳せながら毎日を過ごしているという人も多いでしょう。

そうすると時間もお金も無駄に浪費するわけにはいきません。

どちらもお得に観光するためのプランとして長距離バスでの移動が挙げられます。

格安の料金設定が一番の魅力ですがメリットはそれだけではありません。

休憩に訪れるSAでもおやつや景色などを楽しめますし、夜行を使うなら出発を仕事が終わった夜に設定して翌日朝早くから目的地で動くこともできます。

思い切り時間を使ってめいっぱい楽しみましょう。

数ある長距離移動できる乗り物の中でも最安値というとぱっと出てくるのがバスなのではないでしょうか。

試しに調べてみますと東京大阪間の約500キロをなんと2000円という驚きの低価格が実現されているところもあります。

そしてこれは夜行だと特にですが移動中に適度な睡眠時間がとれるということでむしろ時間が有効に使えて良いと考える人もわりかしいるそうな。

新幹線や飛行機と比べるとかかる時間は何倍にもなる場合がありますが料金的には半分以下になることも。

都合や目的に合わせて手段を選ぶのが一番ですね。

バスでの長距離移動は特に女性一人で行く長旅となると防犯面を不安に感じるということもあるかもしれません。

それでなくてもすっぴんになったり無防備な格好になったりするのでできることなら近くに男性はいてほしくないという意見も多いかと思います。

そういうときにありがたいのがサイトで特集も組まれるほど人気の女性専用車両です。

ひとつの車両でエリア分けされているものなどもありますがバスまるごとならより一層安心感が増します。

いろいろ選べるのは嬉しいですよね。

調べてみますとディズニーランド行きという夜行バスが多くあることがわかります。

日本の中心のテーマパークとして全国から人を集める場所ですから毎日のようにバスが発着しているのも頷けます。

不測の事態さえなければ開園時間前に現地に到着できるのでパークの営業時間を無駄なく使って楽しめます。

さらに移動費を安く抑えることでその分パーク内で食事やおやつを味わったりお土産を増やしたりもでき、節約できた分行く回数を増やすこともできるかもしれません。

たくさんの人に移動手段として選ばれるのもわかりますよね。

はじめての夜行バスでの移動をできるだけ楽しみたい人は長時間移動による乾燥やむくみなどの対処法を覚えていくと良いでしょう。

飴やマスク、マッサージグッズなどを上手に使うと良いと思います。

またバスの発着所は必ず確認しておく必要があります。

普通の路線バスとは場所が違うことがほとんどですので地図は必ず忘れないように持ち発車時間に遅れないよう時間はたっぷりとっておきましょう。

乗車中に寝る夜行ならゆったりしたワンピースなど楽な服装にし歯ブラシなど身支度するためのアイテムも用意しておきましょう。

それから貴重品ケースなどで大事なものは身に着けておくと安心です。

普通でも料金の安さがウリの夜行バスですがよくある往復料金でもっとお得に乗れたりもするのでしょうか。

調べましたところ行きと帰りで同一区間である場合には割引対象となることもあるようです。

適用されるためには出発前に行き帰り両方の乗車券を買っておかなくてはならないとのこと。

中には割引をしていない路線もあるとのことなので事前にサイトなどで確認しておくことをおすすめします。

そうは言ってももとから格安料金ではあるので割引されたらラッキー!くらいのつもりの方が良いかもしれませんね。

夜行バスの乗り方が知りたい!という人のために予約方法についてご紹介したいと思います。

利便性が最も高いのがなんといってもネット。

リアルタイムで状況を確認しながら席を押さえることができ実際の乗車バスの画像を確認できたりもするので良いですね。

それから電話もオーソドックスな手段でしょう。

不安な点や聞きたいことなどがあればこの方法が良いでしょう。

また一部の会社では直接窓口で購入できたり近所のコンビニにある端末で買えたりするところも。

どの方法が利用できるかバスを選ぶ前に確認しておくと良いでしょう。

大型車による事故がここ数年様々な場所で起きています。

連日流れるなんてこともしばしばありますから気になっているという人も多いかと思います。

高速道路は名前の通りですが多くの車が一般道よりスピードのある流れで移動しています。

技術的にも大きな車はそれだけで動かすのが難しいですし速度が速ければもちろんかかるパワーは甚大です。

実際の事故率では突出しているほどではないとのことですがマンパワーに頼った乗り物であることと相まって深刻な事故になりやすいとも言えるかもしれません。

旅行に夜行バスを使うその利点と言えば、まず夜間の移動が可能なので一例として仕事帰りに出発して移動時間に睡眠をとって到着後は早くから観光するという風に他の移動手段では難しいスケジュールも組めることが挙げられます。

参照:夜行バス寝心地はいいの?快適さと安心!【オススメの座席ってあるの?】

極端な話をすればたった一日の休日でも車中泊2泊で丸一日観光することもできるのです。

それからなんといっても移動にかかる料金の安さが大きなメリットです。

実際の移動距離からすれば格安の料金設定にびっくりするのではないでしょうか。

身軽なお手軽旅にはもってこいの移動手段でしょう。

町中を走っている路線バスなどには回数券があり数回分まとめて購入することで1回分おまけしてくれたりするのですがこのシステムはただでさえ格安の夜行バスにも存在するのでしょうか。

情報サイトや各会社のホームページをチェックするとやっているところもありました。

同じ路線を何度も使う予定があるという人は一度購入してみると良いかもしれません。

ただ購入日からの有効期限もあったりしますし6枚など多めのつづりで販売されていたりするので期限内に使いきる算段をたてなくてはいけません。

一部使いきれなかったものの払い戻しができる場合もあります。

とにかく時間がかかるのが長距離バスの特徴のひとつ。

それが疲れる要因のひとつとも考えられますがいくつか対策を挙げてみます。

車内で暇を持て余すという人にはモニターが付いた車両をおすすめします。

下を向いて本やスマホを見ると酔うという人でもこのタイプのモニターなら顔や首を下げることがないので見やすいと思います。

それから同じ体勢を続けるのがつらい場合は腰や首用の簡単な枕を使ったり、または大きく座席を倒してゆったり休めるような広めの車両を選んでみたりしてみてはいかがでしょうか。

休憩時間の軽いストレッチやマッサージも疲れには効果的です。

東京大阪間は夜行バスがよく走っている区間の一つと言えるでしょう。

移動時間は長いですが5000円から8000円くらいの格安料金がほとんどです。

違う手段での移動を考えてみますと新幹線では時間は3時間で金額は15000円ほどとお高くなります。

飛行機なら飛行時間は1時間強と早いですが気になるのは一万円以上かかる費用と空港までの移動です。

このようにバスは金額的な面でのメリットが大きいことがわかります。

もちろんだからと言って安ければ良いというわけでもないでしょうし利用する際はその目的や希望を明確にしてから選びましょう。

ネットで見られる夜行バスランキングでよく見かける会社に関するクチコミ等評判をまとめてみました。

まずVIPライナーは夜行バスが得意分野だそうでサービスの独自性や車内設備の充実度が評価されている点のようです。

そしてかなり安めの料金設定だというサンシャインツアーですがそれ以外にパックツアーがいろいろ選べる点も評価されているそう。

はたまたまぶしいピンクのバスで知られるWILLEREXPRESSはバスの種類も多くサービスも細やかな点が人気のようです。

それぞれ選ばれる理由は様々ですが実際選ぶ際には安全面に力を入れているところが良いでしょう。

夜行バス乗車中に尿意を感じたらどうすれば良いのでしょうか。

移動する時間帯が夜間であれば不安は少ないかもしれませんが、余裕で数時間は乗っている乗り物ですから何度か行きたい気持ちになる場合もあるでしょう。

運転手さんのためにも数回休憩をとりつつ目的地へ向かうので何時間も行きたいのを我慢しなくてはならないなんてことはないのでしょうが、それでも急に強烈な便意を感じるときなど即座に対処しなくてはならない緊急事態もあり得ないことではありません。

それらの不安を解消してくれるのがトイレ付きのバスです。

バスの中にあると思えるだけでも気分が全然違いますよ。